旭化成陸上部 帰県

LINEで送る
Pocket

2018年1月2日(火)
宮崎県宮崎市赤江
宮崎ブーゲンビリア空港(宮崎空港)
1Fイベント会場(オアシス広場)

村上三絃道

ニューイヤー駅伝 in ぐんま(第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会)
2年連続 23度目の優勝(大会最多)
旭化成陸上部 帰県

2年連続W区間賞「市田兄弟」(市田孝&市田宏)
8人抜き「アブラハム キャプシス キプヤティチ」(ケニア出身)
チーム史上初の外国出身選手「Abraham Kapsis Kipyatich」
カメラサイン

1 12.3km 茂木 圭次郎 35分05秒 区間9位
2 8.3km アブラハム キャプシス キプヤティチ 22分43秒 区間3位
3 13.6km 市田 孝 38分27秒 区間1位
4 22.4km 大六野 秀畝 1時間05分51秒 区間5位
5 15.8km 村山 謙太 47分09秒 区間1位
6 12.1km 市田 宏 35分49秒 区間1位
7 15.5km 鎧坂 哲哉 47分14秒 区間2位

LINEで送る
Pocket

「旭化成陸上部 帰県」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。