プロ野球 宮崎春季キャンプ2020完全終了

2020年2月27日(木)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS埼玉西武ライオンズ

練習試合
2軍VS斗山ベアーズ




昼11時30分に現地に到着した。駐車場には車がほとんどなくてホークスキャンプとは思えない光景だった。今日は無観客試合だったが、それでも100人を越えるファンが2軍の練習試合をフェンスの外から見学していた。中には無観客だと知らずに来ていて関係者に対して「いつ頃発表されたんですか?」と不満そうに質問している人もいた。

無観客試合になることは仕方ないと思うが、韓国のチームとその関係者が大勢来ていてた事は問題だと思う。韓国でコロナ感染が急増していることぐらい誰でも知っているはずだが、無観客にする前に考えるべきではないだろうか。しかも韓国チームの選手は控室プレハブ横で堂々と喫煙していた。それを目撃したホークスファンは「信じられん」と驚いていた。コロナに関係なく韓国チームは来てほしくない。

2軍の試合は少しだけ外から見えたが、1軍の試合は全く見ることができず、出店も営業していなかったので12時30分に帰宅した。これでプロ野球の宮崎キャンプは完全終了となったが、スッキリしない終わり方だった。
予定ではオリックス2軍が手締め後も宮崎でキャンプを続けることになっているが、本当にやるつもりなのだろうか?見学はOKなのだろうか?もう中止したほうが良いと思う。







【関連記事】

西武ライオンズキャンプ最終日 開幕投手多和田

#埼玉西武ライオンズ #斗山ベアーズ #コロナ #無観客 #無観客試合 #球春みやざきベースボールゲームズ #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #生目 #宮崎県 #宮崎市

【無観客試合】オリックスVSロッテ

2020年2月27日(木)
宮崎県宮崎市清武町
清武総合運動公園
SOKKENスタジアム
清武第二野球場
日向夏ドーム

オリックス・バファローズ春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS千葉ロッテマリーンズ




昨日の夜にプロ野球のオープン戦が無観客試合になることを知ったので、練習試合である球春みやざきベースボールゲームズはどうなのか調べてみたところ、何も記事が見つからなかったので、問題なく行われると判断し、オリックス対ロッテの試合を見に行った。

駐車場に到着すると、いつも何もない場所に貼り紙があるのを見つけた。よくみると「本日は無観客試合です」と書いていた。昨日調べた時間が早すぎたのか、それとも発表が遅すぎたのかは分からないが、ショックだった。ギャラリーがかなり少なかったので、無観客だと事前に知っていた人が多いのだろうと思ったが、中には知らなかった人もいたようで、MRT宮崎放送の坂本奈都美さんからのインタビューに対して「全く知らなくて駐車場で初めて知った」とこたえていた人がいた。


さらに若者5、6人は警備員に詰め寄り、「ガソリン代とか考えて欲しい」と言っていた。前日夜か当日朝か分からないが発表がギリギリ過ぎたと思う。

悔しかったので令和の怪物こと佐々木朗希選手の球場入りだけでも撮影して帰ろうと思った。ロッテの球場入り後、オリックスの選手たちがメイン球場と室内練習場やサブグラウンドの間を歩いていたので撮影していたらロッテ投手陣がアップを終えてスタジアムから出てきた。佐々木朗希投手を追って報道関係者やファンがサブグラウンドへ集まった。キャッチボールを終えると佐々木投手だけが関係者と一緒にサブグラウンドを出ていったので、報道されていたブルペン投球が始まるんだと思ったが、スタジアムに入っていった。その後スタジアムから出てきて再度サブグラウンドに帰ってきた。何が始まるのだろうと思ったら、キャッチャー相手に投球練習を始めた。その後のブルペン投球は一般ギャラリー立入禁止だったが、良いものを見ることができた。もしかしたら球団がファンサービスとして考えてくれたのかもしれない。

満足できたので、ホークスVS西武の試合会場へ向かった。










【関連記事】

球春みやざきベースボールゲームズ開幕

#AJ #アダムジョーンズ #福田秀平 #鳥越裕介 #二木康太 #東妻勇輔 #種市篤暉 #佐々木朗希 #令和の怪物 #大船渡高校 #千葉ロッテマリーンズ #無観客 #無観客試合 #球春みやざきベースボールゲームズ #オリックス #バファローズ #春季キャンプ #オリックスバファローズ #野球 #プロ野球 #SOKKENスタジアム #宮崎県 #宮崎市 #清武町 #清武総合運動公園

【球春みやざきベースボールゲームズ】ホークス対ロッテ

2020年2月26日(水)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS千葉ロッテマリーンズ




ロッテの大物ルーキー令和の怪物こと佐々木朗希選手の練習を見ることに集中しすぎたため、スタジアムに入った時ホークスのシートノックが既に始まっていて、マッチが大声で何か叫んで会場が爆笑した。その後、本多コーチが「ごめん秀平」と言ったので恐らくノックの打球がロッテの福田選手の方に飛んでいったのだろうと思った。あと10秒ぐらい早くスタジアムに入ればその瞬間を見ることができたのにと悔しく思った。

その後のロッテのシートノックでは鳥越コーチがフライノックを一発で綺麗に決めて、福田秀平選手が「本多コーチ〇〇〇」と叫んだ。恐らく「うちのコーチのフライノック見たか?」という感じの内容の言葉だったのだろう。

試合では、先日のオリックスの試合と同様、ヤジを飛ばす人間が大勢いた。PayPayドームのような大きい球場であれば、応援でかき消されて単なる独り言になるのだろうが、田舎の小さい球場だと選手にも聞こえる可能性がある。先日のオリックスの試合では確実に聞こえていた。
「あいつはツマラン」とか「何であんなピッチャー使うんだ」とか「あいつは顔も地味だし駄目やな」とか言うべきではない。近くに熱烈なファンがいたら大喧嘩になっていただろう。

相変わらずマッチが大声でサードやベンチから叫んでいた。試合前のシートノックでもほとんど一人で声を出していた。あと5年は現役でいけるだろう。







【関連記事】

ホークスVS西武 球春みやざき

#甲斐キャノン #福田秀平 #本多雄一 #本多コーチ #鳥越裕介 #佐々木朗希 #令和の怪物 #大船渡高校 #千葉ロッテマリーンズ #森唯斗 #松田宣浩 #甲斐拓也 #バレンティン #球春みやざきベースボールゲームズ #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #生目 #宮崎県 #宮崎市

【タオル王子】令和の怪物こと佐々木朗希

2020年2月26日(水)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS千葉ロッテマリーンズ




令和の怪物こと佐々木朗希を見てきた。
身長190cmというのはプロ野球選手としては特別大きいわけではないが、それでも確実に大きい方だった。特に脚が長いと感じた。多目的グラウンドAの仕切りのネットをまたいだときは驚いた。一番下っ端なので、荷物運びをやらされていたが、脚が長すぎてクーラーボックスを転がしづらそうだった。

色の白さにも驚いた。東北人にはあの程度の色白はゴロゴロいるのかもしれないが、九州南部の高校球児にはあの白さは絶対にいない。欧米人の血が入っているのではないかと勝手に思った。

超望遠で撮影した黄金の右手を見ると、爪がボロボロだった。
タオルを使う場面が多かったので、ハンカチ王子ならぬタオル王子だなと思った。













【関連記事】

ホークスキャンプ 完全終了

#福田秀平 #本多雄一 #本多コーチ #鳥越裕介 #二木康太 #東妻勇輔 #種市篤暉 #佐々木朗希 #令和の怪物 #大船渡高校 #千葉ロッテマリーンズ #藤原恭大 #球春みやざきベースボールゲームズ #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #生目 #宮崎県 #宮崎市

【令和の怪物】佐々木朗希に会えず

2020年2月25日(火)
宮崎県宮崎市橘通東

球春みやざきベースボールゲームズ
歓迎 千葉ロッテマリーンズ




球春みやざきベースボールゲームズのため千葉ロッテマリーンズが宮崎入りしたが、今日は試合を観に行くことができなかったので、ロッテが泊まっているホテル前に行けばバスに荷物を詰め込む新人の姿を見ることが出来るかもしれないと思い朝8時に近所のホテルに行ってみた。

ホテル前に到着すると、スタッフらしき2人が立っていたが、選手が乗るバスが来る気配がなかったので諦めた。
プロ野球キャンプ等ではホテル前にファンが色紙を持って出待ちすることも多いが、コロナ対策でファンサービスをしない事から出待ちのファンは一人もいなかった。

11月のフェニックスリーグの時は、だいたい17時30分ぐらいに選手を乗せたバスがホテルに帰って来ることが多い。北海道日本ハムファイターズの宿泊するホテルでは、バスから先輩たちの荷物出しをする柿木蓮投手や吉田輝星投手をよく見かけたので、今日の夕方17時30分ぐらいにロッテの宿泊するホテルに再度行ってみたが、既にバスは到着した後だったようで、若い選手数名がホテル入口に立っていた。

諦めて帰ろうとしたら、その数名の選手が歩いてどこかに向かっていた。方向からして恐らくLAWSONに買い物に行ったのだろうと勝手に予想した。
その中に令和の怪物こと佐々木朗希投手の姿はなかった。




【関連記事】

フェニックスリーグ開幕

#球春みやざきベースボールゲームズ #野球 #プロ野球 #千葉ロッテマリーンズ #ホテルメリージュ #ホテルマリックスラグーン #北海道日本ハムファイターズ #吉田輝星 #柿木蓮 #令和の怪物 #佐々木朗希 #宮崎県 #宮崎市 #橘通

【オリックス・バファローズ】球春みやざきベースボールゲームズ

2020年2月24日(月)祝
宮崎県宮崎市清武町
清武総合運動公園
SOKKENスタジアム
清武第二野球場
日向夏ドーム

オリックス・バファローズ春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS斗山ベアーズ(韓国)




韓国チームの応援団が凄かったが、練習試合のような3試合だけのためにわざわざ日本に来たのだろうか?信じられない。

バックネット裏には非常にみっともないヤジを飛ばすオジさんがいて、その息子と思われる少年も非常にマナーが悪く、手すりに乗って試合を観戦するので後ろの人は試合が見えなくなり、係員に降ろされていた。本当は親が注意しなければいけない。あの親子はあまりにも酷かった。その非常識な人物は抽選会があると言って試合途中でいなくなったが、その後は隣りに座っていた別のオジさんが急に独り言を言い出す上に、何度もくしゃみや咳をするので、コロナウィルスが心配で試合に集中できなかった。その体調不良オジさんは何故か半袖だった。また特等席に座っていた別のオジさんは、「腰が痛くて座っていられない。ちょっと歩いてくる」と言って数十分席を外して観戦を中断していた。バックネット裏は変な人が多すぎた。ちなみに中川圭太選手の祖母もバックネット裏で観戦していた。4日間宮崎に滞在し球春みやざきベースボールゲームズを観戦すると言っていた。

オリックスは主力を温存していたので1.5軍という感じだったが、T-岡田選手の2年連続3ランなどで韓国プロ野球の斗山ベアーズに圧勝した。