【球春みやざきベースボールゲームズ】ホークス対ロッテ

LINEで送る
Pocket

2020年2月26日(水)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ
球春みやざきベースボールゲームズ
VS千葉ロッテマリーンズ




ロッテの大物ルーキー令和の怪物こと佐々木朗希選手の練習を見ることに集中しすぎたため、スタジアムに入った時ホークスのシートノックが既に始まっていて、マッチが大声で何か叫んで会場が爆笑した。その後、本多コーチが「ごめん秀平」と言ったので恐らくノックの打球がロッテの福田選手の方に飛んでいったのだろうと思った。あと10秒ぐらい早くスタジアムに入ればその瞬間を見ることができたのにと悔しく思った。

その後のロッテのシートノックでは鳥越コーチがフライノックを一発で綺麗に決めて、福田秀平選手が「本多コーチ〇〇〇」と叫んだ。恐らく「うちのコーチのフライノック見たか?」という感じの内容の言葉だったのだろう。

試合では、先日のオリックスの試合と同様、ヤジを飛ばす人間が大勢いた。PayPayドームのような大きい球場であれば、応援でかき消されて単なる独り言になるのだろうが、田舎の小さい球場だと選手にも聞こえる可能性がある。先日のオリックスの試合では確実に聞こえていた。
「あいつはツマラン」とか「何であんなピッチャー使うんだ」とか「あいつは顔も地味だし駄目やな」とか言うべきではない。近くに熱烈なファンがいたら大喧嘩になっていただろう。

相変わらずマッチが大声でサードやベンチから叫んでいた。試合前のシートノックでもほとんど一人で声を出していた。あと5年は現役でいけるだろう。







【関連記事】

ホークスVS西武 球春みやざき

#甲斐キャノン #福田秀平 #本多雄一 #本多コーチ #鳥越裕介 #佐々木朗希 #令和の怪物 #大船渡高校 #千葉ロッテマリーンズ #森唯斗 #松田宣浩 #甲斐拓也 #バレンティン #球春みやざきベースボールゲームズ #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #生目 #宮崎県 #宮崎市

LINEで送る
Pocket

「【球春みやざきベースボールゲームズ】ホークス対ロッテ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です