【台風10号】 宮崎県椎葉村土砂崩れ

LINEで送る
Pocket

2020年9月
宮崎県東臼杵郡椎葉村
台風10号による土砂崩れの被災原因について考察




上の動画からも分かるように、以前から地すべり崩壊危険箇所だったことが分かる。しかも崩壊場所の上部には出来て間もない綺麗な道があることから、まず間違いなくこの道路の路面水が被災原因だと思う。

ネット上ではこの道路を「林道」と言っている人もいるが、本当に林道だろうか?木材搬出のための作業道ではないかと思っている。

大学教授も林道と言っているが、工学部の教授には林道と作業道の違いは分からないだろう。

もし本当に林道であれば、真下が地すべり崩壊危険箇所にもかかわらず、この場所に林道を開設した自治体の考えは甘すぎる。

しかしこれだけ高低差があれば山肌に路面水を排水しても大丈夫と考えるのも少しだけ理解できるし、被災者や下の道路管理者からすれば被災原因は上の道路かもしれないが、上の道路管理者からすれば被災原因は雨である。




【関連記事】

【台風10号】宮崎市街地 被害調査

#台風 #台風10号 #ハイシェン #HAISHEN #土砂崩れ #地すべり #相生組 #国道265号 #村上啓介 #宮崎大学 #林道 #作業道 #森林管理署 #森林整備センター #東臼杵農林振興局 #日向土木事務所 #宮崎県 #東臼杵郡 #東臼杵 #椎葉村 #椎葉

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です