人助け

LINEで送る
Pocket

2021年5月30日(日)
宮崎県宮崎市大淀川河口付近




上流から水上バイクに乗った2人組が河口付近までやってきたが、河口付近は水深が浅いので砂の上で動かなくなった。

2人で動かそうと一生懸命頑張っていたが、どうやっても動きそうになく、何故か助けを呼ぼうともしなかったので、もしかしたら陸に電話を置いて持ってこなかったのかもしれないと思い、助けに行くことにした。

しかし自転車に荷物を残したまま行くことは出来ないので行くか行かないか迷った。迷った結果、荷物を持ったまま助けに向かった。

現地は浅かったが、河川敷から歩いている途中に意外と深い場所があったため、かなり遠回りしてやっと現地に到着した。

スリッパで川の中を歩いたが、砂が多くて非常に歩きにくかった。河川敷にスリッパを残して歩いて行くべきだったが、気付いた時は既に数十メートル歩いていたので、そこから陸にスリッパを投げても届かないので仕方なくそのまま歩いた。

歩き始めて数分後にやっと到着すると2人組は疲れ果てていた。

軽く挨拶をした後、「一応手伝いますけど、無理かもしれません」と言って一緒に動かした。「せーの」で3人で一緒に動かすと少しだけ動いた。何度か繰り返せば確実に水深が深いところまで移動できると確信した。

安心して一休みしていると、男性がもうひとり助けに来た。4人であれば確実にすぐに脱出できると思っていたら、その人は何と2人組の仲間だった。仲間が助けに来ると分かっていたら自分は助けなかったのにと少し後悔した。(笑)

4人で動かすと数回でバイクが動きそうなところまで移動できた。

まず3人のうち2人がバイクに乗って帰って行った。その後一人だけ乗ったバイクがやってきて残りの1人を乗せて帰っていった。全員の無事を見届けてから帰宅した。

【関連記事】

【スクープ映像】 宮崎市青島ビーチで人命救助




#人助け #河口 #干潮 #大淀川 #宮崎県 #宮崎市 #田吉 #一ツ葉大橋 #水上バイク #立ち往生 #立往生 #人助け

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です