【悲報】福岡ソフトバンクホークス悲報続く

LINEで送る
Pocket

2021年10月9日(土)
プロ野球パ・リーグ福岡ソフトバンクホークスの長谷川勇也選手が引退を発表し、牧原大成選手が頭部からフェンスに激突し担架で運ばれた。

更に工藤監督の退任も発表された。ホークス関連の悲報が続くが、個人的にはもっと気になる事があった。




宮崎県で明後日から始まるフェニックスリーグのホークス参加メンバーが発表され、その中にベテランの明石健志選手の名前があった。

フェニックスリーグというのは若手中心の秋季教育リーグであり、ベテランが参加するのは特別な理由がある時だけだと思っている。

数年前に阪神タイガースの西岡剛選手やホークスの攝津正投手がフェニックスリーグに参加し、その直後に退団や引退を発表した事がある。

西岡剛 出待ち

あまり不吉な事を言いたくないが、今回の明石健志選手の参加が非常に気になってしまった。

【関連記事】

フェニックスリーグ – 攝津プロ最後の登板




 

#長谷川勇也 #攝津正 #フェニックスリーグ #引退 #明石健志 #福岡ソフトバンクホークス #hawks #ホークス #野球 #プロ野球 #牧原大成 #マッキー #阪神タイガース #西岡剛 #悲報

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です