【自転車革命】時代を先取るニューパワーFREEE POWER(フリーパワー)

2020年5月
特別定額給付金10万円が入ったので早速自転車を購入した。
今まで使っていた電動自転車が壊れ、普通の自転車として使用していたが、勝手が悪いと感じていたので買い換えることにした。




電動自転車はかなり便利で、長い坂道でも大変だと思ったことは一度もなかった。しかし大きな欠点があり、充電が切れると急に重くなり普通の自転車より動きが悪くなるため遠出が出来なかった。

最新の電動自転車はフル充電で70km以上走行可能なものもあるが、10万円以上する高額なものばかりなので、自転車にこだわらず原付バイクを購入するか、もしくは車やタクシーを使ったほうがマシな気もしていた。

普通の自転車を購入するかそれとも安い電動自転車を購入するか迷った状態で、大手ショッピングモールの自転車店に行ってみた。

店に入ると「FREEE POWER搭載 試乗車」と書いた自転車があったので、店員さんに「FREEE POWERて何ですか?」と質問した。

ペダルの軸の部分にシリコンが入っていて、ベダルを漕ぐとシリコンが圧縮され、その後、元の形に戻ろうとする時にペダルをアシストしてくれるという構造の自転車らしい。

※詳細は下記URLへ
http://free-power.jp/http://free-power.jp/




普通タイプとハードタイプの2種類に試乗してみた。試乗してみたところ、電動自転車ほどではないが、アシストしてくれるような感覚が確実にあった。ハードタイプは最初はペダルが硬く感じるが、その後のアシストは普通タイプより強いとの事だったが、違いがあまり分からなかったので、普通タイプを選んだ。

最初からFREEE POWERが搭載された自転車もあるが、後から取り付けることもできるとの事だったので、安い自転車を購入し、その自転車にFREEE POWERを取り付けてもらった。

【参考動画】

【購入から1週間使ってみた感想】
・最初の一漕ぎ目は普通の自転車と同程度の重さだが、3漕ぎ目ぐらいから軽くなる感じ
・普通の自転車に対して明らかにペダルが軽い
・電動自転車に比べたら明らかにペダルが重い
・10年ぐらい前の電動自転車のエコモードに匹敵するほどのアシストを感じる。(個人の感想)
・普段、電動自転車に乗っている人は「全然大したこと無い」と思うかもしれない。
・普段、普通の自転車に乗っている人や、電動自転車と普通の自転車を交互に乗っている人はFREEE POWERの凄さを実感できると思う。
・自転車で食料などを買いだめして自宅アパート階段を登るとき、大量の食料と大きくて思い充電池を持って階段を登るのが大変だったが、それが無くなりかなり楽になった
・急な坂や強い向かい風や20km以上の長距離移動時は電動自転車にしておけば良かったと思うこともあるが、それ以外では、FREEE POWERにして良かったとしか思わない

今から自転車を購入する人は、FREEE POWERを搭載することを強くおすすめする。しかし、欠点もある。

【欠点】
・どの自転車にも搭載できるとは限らないので、ちゃんとした自転車屋で搭載可能かどうか聞いてから取り付けなければならない。
・取り付けには、商品代約1万円+工賃約3,000円(店舗による)がかかる。
・シリコンは消耗するので、定期的に取り替えなければならない。取替に3000円~5000円かかる。
※消耗するまでの年数や走行距離は「何とも言えない」との事。
・消耗したままで乗り続けるのはオススメできないとの事。定期的に取替するか、取り付け前の元の部品を持って取り付けた自転車屋に行って、元に戻してもらう必要がある。
※消耗したまま乗り続ける事をオススメできない理由を店員さんが一生懸命喋っていたが、マスクをしていたためほとんど聞こえなかった。あまり重要だと思わなかったので聞き返さなかった。

【関連記事】

【特別定額給付金】 時給100万円!!




#自転車 #FREEEPOWER #フリーパワー #電動自転車 #浜元陽一郎 #Bicycle #イオン #宮崎市 #宮崎県 #イオンモール #イオンモール宮崎 #イオンバイク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。