神武さま広場 -御幸の儀-

2020年10月31日(土)
宮崎県宮崎市高千穂通り(歩行者天国)
・「令和2年度 神武さま広場 -御幸の儀-」(高千穂通り)




・勇躍の舞(獅子舞/JC太鼓/船引神楽 ほか)
・御鳳輦(御着幸祭 12:30/御発幸祭 15:45)
・神武さま書道パフォーマンス(高校生による書道パフォーマンス)
・花橘の舞(小中高生によるダンスパフォーマンス)
・神武さまイメージコーナー(県立佐土原高校)
・まほろばの彩(御着幸祭/神武東遷ステージ/19の神々 日章学園高校プロデュース/神話トークイベント)
・悠久の奏(高洲保育園元気太鼓/日向木剣踊り/たかふさ保育園マーチング/宮崎学園高校 吹奏学部 ほか)


 

村上三絃道以外は特に見たいイベントが無かった。その村上三絃道も10分程度の短いイベントだった。
村上由宇月氏のマイクの握りかえが忙しそうだった。

宮崎市でチアと言えば、宮崎日大高校や宮崎大学が有名だが、日章学園チアリーディングがどんな感じなのかあまり知らなかったので少し興味があった。しかし別イベントと同時刻だったため終了するところしか見ることが出来なかった。

高校生出演イベントは父兄や関係者しかカラーコーンの中に入れないようだった。関係者しか入れないようなイベントを道路通行止めしてまで公共の場でやる必要があるのだろうかと疑問に思った。

通行止めに文句があるのか、車内から警備員にずっと絡んでいる人がいた。よく見ると目が真っ赤で飲酒運転か覚醒剤中毒のように見えた。警備員の横には警察もいたが、何故か警備員に対応を任せていた。警察は何をしているんだろうか?
18時の規制解除の時もスタッフが走って急いでいる時に警察官がダラダラ歩いていて、まつりスタッフが明らかにイライラしていた。







隣で行われた街市や宮崎駅のイベントのおかげで人は多かったが、このイベント目当てで来た人はかなり少ないようだった。大失敗と言ってもいいだろう。
恐らく自治体(市役所?)が補助金を出していて予算を使い切るために無理矢理実施したのだろう。
(知らんけど。)




【関連記事】

神武さま広場

#宮崎神宮大祭 #宮崎神宮 #神武さま #神武さま広場 #御幸の儀 #高千穂通 #村上三絃道 #村上由宇月 #チア #チアリーディング #日章学園 #歩行者天国 #宮崎県 #宮崎市

住吉夏まつり納涼大会

2019年8月10日(土)
宮崎県宮崎市大字島之内
住吉公園
住吉夏まつり納涼大会

すみよし夏祭り 花火大会

MC:加藤亮作ほか2名

住吉中学校吹奏楽部
宮崎日大高校チアリーディング部GEMINIS
みやてげ三線会




夕方に たまたま島之内付近を通り、カメラを2台持っていたので、せっかくだから祭りを撮影しに行った。
19時30分ぐらいになると暗すぎて撮影が困難になったので仕方なく帰宅した。
















 

【関連記事】

住吉夏まつり

まつりえれこっちゃみやざき2019 1日目

2019年7月13日(土)
宮崎県宮崎市橘通ほか
まつりえれこっちゃみやざき2019 1日目




今年は何故か例年より1週間早く行われた。参議院議員選挙のためかもしれないが、梅雨明け前に開催するのはどうかと思う。まつり当日の問題だけではなく、6月や7月上旬は雨でダンスの練習が出来ないという問題もあるらしい。

以前は室内(オルブライトホール)でダンスコンテストの審査が行われていたが、最近では野外で審査が行われている。野外というのは、晴れた日は熱中症の心配があるし、雨天時もチアリーディングなど踊れないチームがあるという問題がある。
ダンスは正面から見ても、最前列の人間しか見えないが、上方から見ると全体の隊列が確認できるので、審査員やギャラリーが上から見ることの出来るオルブライトホールで行うのが一番良いと思っている。かと言って、オルブライトホールも毎年開場してすぐに満席になり入場制限がかかる。新しく出来る宮崎アリーナを上手く使えないものかと考えているが、橘通から少し場所が遠いので無理だろう。オルブライトホールに一般客を入れず出演者と審査員だけが入れるようにして、審査を行うのも良い気がする。











第30回ゴールデンゲームズinのべおか(GGn)

2019年5月4日(土)みどりの日
宮崎県延岡市西階町
西階陸上競技場

第30回ゴールデンゲームズinのべおか
GGN