急遽ホークスキャンプへ行くことに

2020年2月11日(火)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ




今日は巨人1軍の宮崎キャンプが実質最終日だと思い、巨人キャンプに行ったが、昼頃にノムさんこと野村克也さんの訃報を知った。ノムさんといえば色んな球団の監督を努めたが、やはりホークスのイメージが強い。ホークスキャンプでは何らかの動きがあるのではと思い、急遽ホークスキャンプへ向かった。

キャンプ地に到着すると鬼のようなギャラリーが多目的グラウンドAに集まっていた。前日に予定表を見ていたので熱男こと松田宣浩選手の特守目当てだとすぐに分かった、ギャラリーの隙間から少しだけ覗いてみると昨年同様、関係者席に松田一家が見学に来ていた。息子がメガネをかけていたので「マッチの息子さんとは違うかな?」とも思ったが、許可証に「紹介者:松田、名前:松田」と書いていたので息子さんだと確信した。松田選手の特守をもう少しじっくり見たかったが、ノムさんと言えば背番号19を引き継いだ甲斐拓也選手が一番接点が大きいと思い、隣で特守を受けている甲斐選手の背番号が見える位置を必死で確保し写真や動画を撮影した。
キャッチャー特守ではコーチが高谷裕亮選手をジジイ扱いしていて笑ってしまった。

アイビースタジアムでの上林誠知選手の居残りロングティーの時に大勢の報道陣がブルペンから出ていくのが見えた。ほぼ毎日ブルペンでは夕方に選手たちのインタビューが行われるので、もしかしたら甲斐拓也選手のインタビューが終わって出てきたのかもしれないと思った。上林誠知選手に集中しすぎて大事な瞬間を見ることが出来なかった。帰宅してニュースを見るまでアイビースタジアムの半旗にも全く気付かなかった。

※その他の動画は現在準備中







【関連記事】

ホークスキャンプ 松田家も見学

#周東佑京 #砂川リチャード #松田宣浩 #熱男 #本多雄一 #本多雄一 #牧原大成 #柴田恵理 #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #はんぴドーム #生目 #宮崎県 #宮崎市 #野村克也 #ノムさん #甲斐拓也 #甲斐キャノン #高谷裕亮 #九鬼隆平 #上林誠知