【警備員もホークスファン】ホークスキャンプ

2020年2月23日(日)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ
※A組は午後からSOKKENスタジアムでオープン戦(VSオリックス・バファローズ)




A組はオープン戦に行ったにも関わらず、多くのファンが生目の杜に残ってキャンプを見学していた。選手がバスに乗る時には、ファンサービスが無いにも関わらず、バスの周りに多くのファンが集まっていたのが嬉しかった。

バス付近で選手を撮影しようと待機していたら、ファンと警備員が話をしていて、警備員が「本当ですか?凄いですねシーズンでも1本しか打ってないのに」と言っていた。恐らく周東佑京選手がオープン戦で3ランHRを打ったことを教えてもらったのだろう。その警備員は15年ぐらい前からホークスキャンプで見かけるので、恐らくホークス宮崎キャンプ当初から警備を担当しているのだと思う。野球が好きでホークスが好きなら生目の杜キャンプの警備の仕事は楽しくてしょうがないだろう。

2年前にロッテの鳥越コーチが球春みやざきベースボールゲームズでアイビースタジアムに帰ってきた時、久しぶりに再会して鳥越コーチと握手している警備員もいた。生目の杜で警備員をやってると、もし野球好きでなくても自然と好きになりそうな気がする。










【関連記事】

ホークスVSロッテ

#本多コーチ #本多雄一 #今宮健太 #柳田悠岐 #ギータ #高田知季 #松田宣浩 #熱男 #川島慶三 #周東佑京 #内川聖一 #加藤和子 #砂川リチャード #真砂勇介 #三森大貴 #九鬼隆平 #高橋純平 #釜元豪 #バレンティン #上林誠知 #村松有人 #武田翔太 #甲斐野央 #千賀滉大 #石川柊太 #岩嵜翔 #工藤公康 #高橋礼 #加治屋蓮 #大関友久 #甲斐拓也 #甲斐キャノン #高谷裕亮 #栗原陵矢 #九鬼隆平 #柳田悠岐 #ギータ #福岡ソフトバンクホークス #野球 #プロ野球 #宮崎キャンプ #春季キャンプ #生目の杜運動公園 #アイビースタジアム #はんぴドーム #生目 #宮崎県 #宮崎市

ホークス秋季キャンプ 3連休最終日

2019年11月4日(月)
宮崎県宮崎市生目(跡江)
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
はんぴドーム
生目第二野球場
多目的グラウンドA
多目的グラウンドB

福岡ソフトバンクホークス秋季ャンプ




昨日と一昨日は全く気づかなかったが、はんぴドーム北東出入り口から多目的グラウンドBに選手たちが最短距離で移動できるようになっていた。と言ってもカラーコーンが設置された通路があるわけでもなく、一般人が普通に歩いている場所なので、ほとんどの選手たちがダッシュで移動していた。来年2月の春季キャンプでは主力選手も参加するしギャラリーも10倍以上に増えるので、恐らくこのようなことは出来ないだろう。

一軍主力の4人(和田、今宮、森、千賀)は相変わらず別メニューで、朝礼終了後すぐにスタジアムから出ていきファンの前に姿を現すことはなかった。
その他のメンバーの練習は十分見学できたし、死ぬほど撮影できたので来週からは巨人キャンプに行こうと思う。

※その他の動画は現在準備中



























【関連記事】

本多コーチ

#宮崎県 #宮崎市 #アイビースタジアム #福岡ソフトバンクホークス #秋季キャンプ #生目の杜運動公園 #はんぴドーム #生目 #野球 #プロ野球 #本多雄一 #黒瀬健太 #野村大樹 #古澤勝吾 #特守 #中村晃 #板東湧梧 #牧原大成 #森唯斗 #千賀滉大 #今宮健太 #加藤和子 #田浦文丸 #ダルビッシュ #ダルビッシュ有 #砂川リチャード #リッチー #ラグビー #rugby #川瀬晃 #栗原陵矢 #九鬼隆平 #真砂勇介 #高田知季 #水谷瞬 #板東湧梧

チーム内川

2019年1月17日(木)
宮崎県日向市
お倉ケ浜総合公園
野球場、サンドーム日向

チーム内川 合同自主トレーニング




  • 福岡ソフトバンクホークス
    内川聖一、上林誠知、増田珠、茶谷健太、加藤和子
  • 千葉ロッテマリーンズ
    吉田 裕太、三家和真
  • 広島東洋カープ
    鈴木誠也




 

去年と同じ時間帯で行われると予想し、午後の部が始まる13時30過ぎに到著したが、野球場に誰もいなかった。
「練習が中止になったのか?無駄足だったか?」と思いながら一応室内練習場を覗いてみると、「見学は2階へ」と書いた大きな紙があった。
2階へ行くと室内練習場の全体を見ることが出来た。そこには信じられないぐらい大人数の報道関係者がいた。名札を見ると福岡のテレビ局やスポーツ新聞社のようだった。
去年行った日には報道関係者は一人もいなかったのでちょっと驚いた。
見学者も去年の5倍以上で、平日にも関わらずギャラリー席が満席状態だった。

参加者が全員野手ということもあり、打撃練習中心のトレーニングをしていた
練習が終わると内川選手や上林選手は取材対応をしていた。
見学者の中に、内川選手の話が聞こえたという人がいて、「今から報道関係者と食事に行くと話していた」と言っていた。

16:20頃、室内練習場を出て外にある控室に入ると、サイン待ちのファンが控室前に殺到した。すると関係者が並び方やサインを貰った後の移動の仕方を指示し、「ルールが守れない人がいたら中止します」と言っていた。去年と同じであれば、控室に入った後シャワーを浴びてから出てくるので1時間以上待たないといけない。去年も貰ったので今年はサインをもらわずに帰宅した。