測量士

2022年7月8日(金)
宮崎県宮崎市自宅




先々月に受験した測量士試験の結果が届いた。

測量士という資格はかなりおすすめの資格である。国家資格でありながら、年齢制限もなく受験料も安めでしかも測量経験なしで受験可能である。

https://www.gsi.go.jp/soumu/soumu20220705.html

たいした資格ではないが、多くの測量士は経験による申請で資格を取得している。そんな中、測量経験も少なく、しかも参考書等を一切購入せず国土地理院より公開されている過去問題のみで試験に合格した事は自分でも素晴らしいと思った。

ただ、登録料30,000円は貧乏人にはキツすぎる。

誰でも受験できるので、測量経験が無い人でも勉強すれば簡単に合格できるし、測量経験が豊富であれば、勉強なしでも合格できるかもしれない。

※ただし、学生時代に数学や物理が苦手だった人はいくら勉強しても絶対に合格不可能。

かなり得意だった自分でも、見ただけで吐き気がする問題もある。

はっきり言って測量士の資格を取得しても自分には何の意味もない。測量経験が豊富でかつ今後測量の仕事をしたいと思っていれば話は別だが。

土木資格の最高峰とも言える技術士(建設部門)に挑戦したいと思っているが、今現在土木の仕事をしていなければ絶対に合格できないと言われているため、受験資格はあるが勉強すらしていない。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13216191378

技術士を取得できたら、今後土木関係の仕事をしても良いと思っているのだが・・・

【関連記事】

【国家資格】測量士試験




 

#測量士 #測量 #測量士補 #受験 #国家資格 #収入印紙 #国土地理院 #国土交通省 #数学 #物理 #合格 #登録

【国家資格】測量士試験

2022年5月15日(日)
鹿児島県鹿児島市郡元
鹿児島大学郡元キャンパス
共通教育棟2号館

測量士試験




【午前の部】700点満点
400点未満であれば、その時点で不合格。
午後の部は採点すらしてもらえない。

【午後の部】700点満点
必須300点+選択200点✕2
午前&午後の合計得点が910点以上で合格
(正解率65パーセント以上で合格)

鹿児島会場では164人が受験した。例年どおりの合格率であれば、20人程度しか合格できない事になる。そう考えると不安になるが、中には全く勉強せず受験する人間もいるだろう。

資格試験は次の日に模範解答が公開される場合がほとんどだが、出来が悪く自信が無い場合は怖くて自己採点できない。逆に自信がある場合はすぐに自己採点して安心するようにしている。

今回は自信はあるが自己採点しないつもりだ。何故なら100パーセント確実に合格しているという自信があるからだ。

午前の部は、大きな勘違いをしていなければ恐らく満点(700点)
午後の部は、必須問題が感覚的に8割以上正解だと思ったので、その時点で700+300✕0.8=940点

イージーミスがあったとしても、午後の選択問題も半分以上正解している自信があるので、1100~1200点の間ぐらいだと確信している。余裕で合格するに違いない。

まあ、無職で勉強する時間がタップリあって合格できないようでは死んだほうがマシだが。

【関連記事】

【3X3】アミュプラザ鹿児島 3人制バスケ




 

#測量士 #国家資格 #国家試験 #国土地理院 #国土交通省 #測量 #稲盛記念館 #アミュプラザ鹿児島 #アミュ広場 #アミュプラザ #鹿児島中央駅 #西鹿児島駅 #鹿児島大学

【3Dモデル】宮崎市中央公園の水道

2020年6月13日(土)
宮崎県宮崎市宮崎駅東
文化の森 宮崎中央公園(宮崎市中央公園)







【関連記事】

キッチンカーと食の博覧会

#宮崎県 #宮崎市 #宮崎駅東 #文化の森 #宮崎中央公園 #宮崎市中央公園 #中央公園 #3D #写真測量 #測量 #3DFZephyrLite #3DFZephyr

【3Dモデル】宮崎市青島

2020年5月23日(土)
空撮動画を使って宮崎市青島の3Dモデルを作成してみた。




いろんな角度から撮影した複数の写真を使って3Dモデルを作成できることは有名だが、最近では動画からも3Dモデルを作成できるらしい。早速青島へ行って軽く空撮してきた。

作業は驚くほど簡単で、ほぼ全自動で終了する。動画から3Dモデルを作成すると言うよりも、動画から写真を切り出して、その写真から作成という感じだった。

完成されたモデルを見ると、少し残念な仕上がりだった。APS-Cや1型センサー搭載カメラで撮影した画像から作成した3Dモデルと比べると点群が低密度すぎる。でも当然の事だ。高度も適当でFHD動画からの切り出し画像でここまで出来たのは奇跡に近い。

それにしても、こんなに簡単に3Dモデルが作成できる時代が来るとは思わなかった。
つい最近までは特殊業者に数百万円出して、
ドローンによるレーザー照射で測量をしてもらっていたが、
数万円でしかも数十分(撮影時間は除く)で、しかも自分で出来る事が信じられない、
光波などを使って地道に測量するのがアホらしくなる。




【関連記事】

【復活】街市

#青島 #鬼の洗濯板 #鬼の洗濯岩 #青島ビーチ #青島海岸 #青島神社 #3D #写真測量 #測量 #3DFZephyrLite #3DFZephyr #空撮 #ドローン #mavicmini #DJI #トイドローン #Drone #無人航空機 #宮崎県 #宮崎市

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。