まつりえれこっちゃみやざき2022

2022年 7月23日(土)
宮崎県宮崎市高千穂通り、宮崎駅前アミュひろば
まつりえれこっちゃみやざき2022
心~夢に向かって大輪の花を咲かせよう~




宮崎北高校BrilliantMonkeysの姿が無かったのが気になった。コロナ感染で欠場になったのではないかと勝手に予想した。

しかし、まつりを見ているとコロナ感染対策は全く出来ていないし、コロナはただの風邪だと考えているとしか思えなかった。だったら参加させても良いのではないだろうか?(不参加の理由がコロナ感染ではないかもしれないが。)

アメリカのように感染拡大しようが知ったこっちゃない。というスタンスで行くのなら同意できるが、感染対策バッチリと言いながら適当な事をするから問題視される。来週以降の感染拡大は間違いないので主催者や市長には批判が殺到するだろう。

どこの誰かは知らんが、オープニングセレモニーで一人だけノーマスクの爺さんがいた。関係者がノーマスクはなの大問題である。

宮崎HEROESのパフォーマンスは圧巻だった。こんな凄い集団が宮崎にいたなんて全く知らなかった。間違いなく今回のダンス参加チームでナンバーワンだった。えれこっちゃ大賞を獲ったチームより何百倍も良かった。

アミュひろば会場があると聞いて、屋根の下だと思っていたが、完全に屋根のない場所だった。雨が降ったらどうするつもりだったのだろうか。

默食などするわけがない。しょうもない看板を作るなと言いたい。まつりに一人で参加する人間はまずいないので必ず一緒に来た人間と喋りながら食べる。默食してほしければ出店をやめるべき。

今回も反社丸出しのチンピラがノーマスクで調理しながら食べ物を販売していた。反社チェックは「私は反社とは関係ありません。」という同意書の提出らしい。恐らくその後の調査は行わないだろう。

残念なことに宮崎HEROESのパフォーマンスは他チームと違い2回しか無かった。もう少し撮影したかった。

遠目で見ていたらクイズタレントのカズレーザーにしか見えなかった。

ボニートボニートのステージは何度か見たことがあったが、今回が一番凄かった。一般人の踊り(サクラ?)が特に衝撃だった。ボニートボニートが最後で良かったと思う。もし最初に見てしまったら他のダンスチームの踊りが物足りなく感じただろう。

アンバサダーの酒井瞳氏は最初と最後しか会場に来なかったように思えた。しかもずっとマスクをしていて撮影チャンスが殆どなかった。

「まつりえれこっちゃみやざき」は殆どダンスコンテストなので、街中を歩行者天国にして実施するのではなく、陸上競技場や野球場等の野外でダンスコンテストだけ行うのが一番良いと思う。

雨天時は以前のようにオルブライトホールもしくは市民文化ホールや体育館でも良いと思う。

高校生に関しては、野球の宮崎市県立4校定期戦のようにダンス定期戦を行うのが良いかもしれない。宮崎市に限らず、県内全ての高校を対象にした定期戦でも良いと思う。

とにかく街中でひたすら太鼓を叩きまくるうるさいオジサン連中が邪魔で仕方がない。太鼓は一番騒音の影響が少ない橘通3丁目交差点で行うべきである。

【関連記事】

えれこっちゃみやざき1日目




 

#えれこっちゃみやざき #まつりえれこっちゃみやざき #えれこっちゃ #まつりえれこっちゃみやざき2022 #酒井瞳 #ダンス #宮崎西高校 #都城泉ヶ丘高校 #宮崎北高校 #宮崎日大高校 #宮崎大宮高校 #宮崎商業高校 #鵬翔高校 #鵬翔高等学校ダンス部aloft #舞桜 #宮崎県立宮崎商業高等学校SKULL☆PUNCH #聖心ウルスラ学園高等学校ダンス部Bouquet #宮崎県立宮崎大宮高等学校Oh!見ぃ~や! #宮崎日本大学高等学校GEMINIS #宮崎県立宮崎北高等学校BrilliantMonkeys #宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校INDEPENDANCE #乱翔舞令 #宮崎県立宮崎西高等学校MND #MND #INDEPENDANCE #BrilliantMonkeys #GEMINIS #Oh見ぃ~や #Bouquet #aloft #SKULLPUNCH #アミュひろば #宮崎駅 #高千穂通 #宮崎市 #宮崎県 #まつり #祭り #河野真貴子 #アイドル #ボニートボニート #宮崎HEROES #アイドリング

まつりえれこっちゃみやざき2019 1日目

2019年7月13日(土)
宮崎県宮崎市橘通ほか
まつりえれこっちゃみやざき2019 1日目




今年は何故か例年より1週間早く行われた。参議院議員選挙のためかもしれないが、梅雨明け前に開催するのはどうかと思う。まつり当日の問題だけではなく、6月や7月上旬は雨でダンスの練習が出来ないという問題もあるらしい。

以前は室内(オルブライトホール)でダンスコンテストの審査が行われていたが、最近では野外で審査が行われている。野外というのは、晴れた日は熱中症の心配があるし、雨天時もチアリーディングなど踊れないチームがあるという問題がある。
ダンスは正面から見ても、最前列の人間しか見えないが、上方から見ると全体の隊列が確認できるので、審査員やギャラリーが上から見ることの出来るオルブライトホールで行うのが一番良いと思っている。かと言って、オルブライトホールも毎年開場してすぐに満席になり入場制限がかかる。新しく出来る宮崎アリーナを上手く使えないものかと考えているが、橘通から少し場所が遠いので無理だろう。オルブライトホールに一般客を入れず出演者と審査員だけが入れるようにして、審査を行うのも良い気がする。











%d人のブロガーが「いいね」をつけました。