【冠水通行止】宮崎市 鉄道下アンダーパス

2022年7月15日(金)
宮崎県宮崎市松山
JR鉄道下アンダーパス




緊急時に対応する契約をしている会社の社員らしき人物が1人来ていたが、鉄道真下に待機して車が来るたびに歩いて移動して、手で✕印をして通行止めを知らせていた。アドバルーンのようなエアー遮断器は役割を果たしていなかった。

請負会社の担当者は、深夜でも早朝でも台風時でも大至急現場に行かなければならない。当然だが飲酒も出来ない。会社は少し儲かるかもしれないが担当にされた社員は地獄だ。

道路を埋めて嵩上げすることは出来ないのだろうか?背の高い車は通行できなくなるが、数十センチの嵩上げであれば通行できなくなる車も少ない。

工事現場管理経験者でかつ施設管理担当経験者としては、雨が降るたびに出動し、出動するたびに税金からお金が支払われるような施設は無くすべきだと思う。

地元や某企業からの大反対は当然あるだろうが、人命に危険がある施設をそのままにしておく事は許されない。それを強行できるのが役所である。

しかし決定権を持つ人間は、企業や団体等の顔色ばかり伺い、他人の命より自分の立場を優先するだろう。(嵩上げ出来ない理由が他にもあるのかもしれないが)

どうやら水位表示版の右側にある物体がセンサーのようだが、誤作動や動作不良等で今後大きな問題が起こりそうな気がする。知らんけど。

【関連記事】

【悲報】宮崎市大雨で雨量計壊れる




 

#アンダーパス #冠水 #通行止 #通行止め #宮崎県 #宮崎市 #鉄道 #JR #大雨 #雨 #線状降水帯 #宮崎市役所 #道路維持課 #日豊本線 #記録的短時間大雨情報 #大雨警報 #警報 #エアー遮断器 #遮断器 #災害

【空撮】 橘公園 大淀川河川敷

2020年3月20日(金)祝
宮崎県宮崎市大淀河畔
橘公園 ステージ広場




今から約4年前の2016年 4月22日(金)に宮崎市民文化ホールで行われたMr.Childrenコンサートの朝に、ボーカルの桜井和寿氏が散歩をしたことで有名な橘公園で空撮を行った。桜井氏は、「何もなくて海まで行きそうだったのでタクシーを呼んでコンサート会場へ向かった」と言っていた。

列車の音が聞こえてから機体の電源を入れていたら、列車の撮影に間に合わないことに気づいた。仕方なくスマホでJR南宮崎駅の時刻表を調べ、南駅出発時刻からスタンバイして撮影した。しかし、それでもギリギリだった。トイドローンのようなバッテリーの長持ちしないドローンで列車を撮影するのは至難の業だと分かった。
本当は特急つばめを撮影したかったが、無駄に時間を過ごすのは耐えられなかったので帰宅した。

出来るだけ無人の場所を選んで撮影しているが、撮影中に人が機体の下を通る可能性がある場合は、水平移動を避けて鉛直方向移動と回転のみで撮影することにしている。撮影の楽しみは半減するが、安全第一を心がけている。




【関連記事】

【空撮】大淀川河川敷(宮崎市役所付近)

#空撮 #ドローン #mavicmini #DJI #トイドローン #Drone #無人航空機 #JR九州 #JR #列車 #特急 #電車 #鉄道 #撮り鉄 #特急つばめ #つばめ #大淀大橋 #大淀川 #河川敷 #大淀河畔 #宮崎県 #宮崎市

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。